阪口晴南 レースレポート 鈴鹿選手権シリーズ第3戦JRMCクラス 2012.4.29 レースレポート

鈴鹿選手権シリーズ第3戦JRMCクラス

2012.4.29 レースレポート

Suzuka120429_094.jpg

★タイトラ  33台中1位
D1タイヤはすぐに減ってしまうのでなるべく早いうちにタイムを出して切り上げる予定でした。
台数も多かったのですがトラフィックをさけて予定通り3周目に50.5を出して2番手との差も確認できたので早めに終了しました。

★予選    33台中1位
スタート直後から差があき、勝つ自信もあったので決勝の事を考えてタイヤをいたわりながら走りました。
結果2秒ほどのマージンをきづき楽に流してゴールしました。

★決勝    33台中1位
予選と同じ展開で4コーナーを立ち上がったら既に間隔が開いていました。
タイヤを残していたので後は思いっきり走りました。
2番手と1周コンマ6,7のタイム差があったので結果12秒のマージンが出来ました。
ずっと50秒台で走れたし、終盤にファステストも出たし、今回のレースは100点の出来だったと思います。
怪我で2戦出れなったので今回の優勝はすごく嬉しかったです。

Suzuka120429_116.jpg

金曜、土曜と色々試してみましたが車が自分の望む方向にどんどん良くなっていき、僕の思い通りに動きます。
僕にとても合うシャーシを手にする事が出来ました。
残り3戦になってしまいましたが全て勝つことを目標に走りたいと思います。
このまま行けばそれも可能だと思います。

ARTに乗せて頂ける機会を頂けたことに感謝します。
これからも一生懸命頑張ります。
今後ともよろしくお願い致します。

                  ARTGPJAPAN 阪口晴南