阪口晴南 鈴鹿選手権レポート(2013.2.17)

鈴鹿選手権レポート(2013.2.17)

Suzuka130217_060.jpg

タイトラ19台中1位
真冬でタイヤの温度が上がりにくいため4分捨てました。
初めはタイムが上がらなかったのですが少しづつ上げることが出来てコンマ3あけてポール獲得しました。


予選19台中1位
スタートで少し出遅れたもののすぐに2位との差ができぶっちぎりで勝ちました。
決勝にむけてタイヤを残す余裕もありました。


決勝19台中1位
スタートも完璧、S字をまがった時にはもう勝てる自信がありました。
後はどれだけタイムを出せるか試してみました。
レース後半になってもどんどんファステストを更新し結果6秒7あけて優勝しました。
後ろがあまりバトルしてなかったのにこれだけ突き放せて嬉しいです。
去年は怪我で出遅れチャンピオンを逃したので今年は絶対に開幕から勝ちたいと
思っていたので嬉しいです。
今年こそARTで鈴鹿のチャンピオンを獲りたいです。
次も気を引き締めて頑張ります。
応援して下さったスポンサー様、有難うございました。

                                     アキランドR 阪口 晴南

Suzuka130217_057.jpg
Suzuka130217_114.jpg