阪口晴南 全日本選手権KFクラス第一戦瑞浪大会レポート

全日本選手権KFクラス第一戦瑞浪大会レポート


10271606_686712098061611_2738884382975811727_n.jpg

2014.4.20瑞浪フェスティカサーキット


タイトラ3位 第1ヒート5位 第二ヒート4位でした。初めてのカテゴリーで速く走れるかなと
不安でしたが練習中調子が良くいい手ごたえでした。しかし気になっていたのがタイヤの摩耗です。
タイヤテストの時から何よりの課題で父と相談し、よく考えてカートのセットアップをしました。
そしてタイトラでそこそこの位置につけスタートしたのですが5コーナーで追突され
半スピンしそこに後続の車と接触してしまいました。レースが終わってから気づいたのですが
その時にシャーシがまがっていました。そのときに気づく事ができませんでした。
その影響でたこつぼコーナーが遅く立ち上がりでおいて行かれるシーンが何回もありました。
決勝ヒート1は大混戦になりうまくぬけ出てトップに一時立ったのですが
後半ジワジワ抜かれていき結果5位でゴールしました。第二ヒートは無理せず後ろについてタイヤの
事を考えながらはしっていました。そして中盤から後半にかけてスパートをかけ2位まで上がる事が
できました。しかしレースの後半雨が降ってきてしまい自分にとってはすごくマイナスなことで
ぬかれてしまい4位でゴールしました。今回のレース感じたことは抜いたり抜かれたりとバトル
があり面白かったしその中でワンミスが大きなロスになる事を実感しました。それとバトル
をしながらタイヤを労る大切さを学びました。エンジンも労るときと攻めるときと自分で調節しながら
走らなければならなかったりととても難しいレースでした。
今後タイヤテストを重ね日々頭を使い努力したいです。

ARTGPJAPAN 阪口晴南