阪口晴南 全日本選手権 第3戦 第4戦 鈴鹿サーキット 2014.5.25

全日本選手権 第3戦第4戦 鈴鹿サーキット 2014.5.25


17_41_069999_1.jpg


タイトラ1位 第3戦 予選1位決勝3位 第4戦予選1位 決勝2位

練習から調子も良くタイトラもコンマ2の差をつけてポールをとることが出来ました。
決勝当日さずがに木曜日からずっと晴れで温度も高い日が続いていたので
予想通り路面にゴムがのり、ズルズルすべる難しい路面となっていました。
第2戦の予選は周回数も少ないのでなんとか1位で
帰ってくることができましたが決勝になると序盤からペースが悪かったです。
タイヤの使い過ぎかとも思ったのですが他のドライバーのタイヤとすぐに
比べてみましたが全く減り具合は変わりませんでした。
なので第4戦は父と相談してセットを変えてみました。
それでもやはり改善されずで決勝はさらにセットを大幅に変えていく方向に。
序盤後続車がバトルしてる間に少しのマージンが出来、ペースも良かったので
このまま逃げ切れるかと思ったのですがやはり後半になると
ペースが落ちてしまい追いつかれてしまいましたが、
3戦の時の様にズルズルと落ちていく感じではなく、なんとかバトルもしながら
くらいつき、2位でゴールする事が出来ました。
結果としては悔しいですが僕の思ったセットを父がしてくれたり
色々と意見を出しだりもらったり、すごく充実したレースでした。
ペースは悪かったけどいつも遅かった後半をタイムをあまり落とすことなく走る事が
出来た4戦は良かったと思います。
でもまだまだ決勝のペースが足りません。次のレースまでに
「タイトラではなく決勝」というテーマを課題にしたいと思っています。
一発の速さなら誰にも負けない自信があります。
だけどそれでは通用しないのがこのクラスなんだなと、改めてこのクラスの
難しさが身に染みました。

鈴鹿はホームコースなので絶対勝ちたかった。
本当に悔しいです。
今回終わってから沢山の方にアドバイスを頂きました。
感謝の気持ちで一杯です。
これからも頑張りますのでどうかよろしくお願い致します。
有難うございました。


ARTGPJAPAN 阪口晴南