阪口晴南 2015 オートバックス全日本カート選手権瑞浪大会

2015 オートバックス全日本カート選手権瑞浪大会レポート

sakaguchi (8).jpg


オートバックス全日本カート選手権 瑞浪大会 6月27日 28日

第三戦 第四戦 レースレポート

23台中

タイトラ 2位

予選1  2位

決勝1  3位

予選2  2位

決勝2  5位


悪天候が予想されましたが奇跡的に全ヒートドライコンディションでレースすることができました。

レースウィークでは2台のフレームを用意して頂き、テストして良かったフレームをレースに導入しました。

金曜日に大雨が降りゴムが全部流れて、いきなり土曜のタイムトライアル。

良いアタック場所を見つけることができずポールを取ることができませんでしたが、悪くない感触でした。

しかし予選1ヒート目、そう甘くはありませんでした。

レースがスタートし3番手に落ちたもののすぐ抜き返し2番手に。

そこからトップをとらえていこうと思ったのですが中なかなか中盤からペースが上がらず、後続は引き離すものの前も逃げていきました。

決勝1、スタートしてそのまま二番手。

トップ3台が抜ける展開になり、レース中盤の5コーナーでトップに浮上。

タイヤを少し労わっていたのでペースを上げて後ろを離して行こうと思いました。

しかしその5周後の11コーナーで抜かれて2位にそして5コーナーでも抜かれ3位に後退。

前に出て後ろをあけていくペースはありませんでした。

3台等間隔でチェッカー。

展開と、勝負を仕掛けるタイミングがもう少し賢ければ勝てるレースでしたし、早くトップに立っておきたいという焦りが出てしまいました。

気を取り直して予選2。

しかし状況はあまり変わず、2位チェッカー。

予選のフィーリングを父に伝え決勝2に向けて大幅にセッティングを変えることにしました。

今日最後のヒート、決勝2。

スタートで3位に落ちるも落ち着いて抜き返して2位に。

今回こそはトップをトップを追えると思ったのですが、今回のレース前に出て単独で走るとペースが上がらなくってしまい後ろの集団に飲み込まれました。

その後抜きつ抜かれつを繰り返し5位チェッカー。

悔しい結果となってしまいました。

前に出てラップタイムが遅くなるコーナーは5コーナーです。

僕が単独で5コーナーを曲がるとタイトに曲ってしまう癖があり、そのせいで車速が落ちタイムが落ちてしまってたのです。

それに何故気付けなかったのかと自分が不甲斐ないです。

今回のレース振り返って感じたことは先入観でラインを決めていたこと、頭を柔らかくして走らなければならないなと思いました。

次戦は茂原、去年優勝できたからといって頑固にならず、初心を忘れずいい結果を報告出来るように精一杯頑張ります。


阪口晴南