阪口晴南 2015 FIA F4 第7戦 第8戦 鈴鹿大会

FIA F4 第7戦 第8戦 鈴鹿大会 2015年8月31日


#3 SUTEKINA RACING 阪口 晴南
参加台数:35台
第7戦:予選 7位 決勝 リタイア
第8戦:予選 6位 決勝 6位

まず始めに、今回FIA-F4へのデビューの機会を与えていただきましたSUTEKINA RACINGの皆様 そして応援してくれている皆様に深く感謝いたします。
レース参加にあたり練習量も少なく苦戦しましたが、与えられた環境の中でどこまでスキルア ップできるかが今回の目標でした。
レースウィークの練習ではトップタイムを計測するセッションもあり好調でした。 しかし刻一刻と変わる路面状況に対応することが出来ず、土曜日の予選ではあまり良いタイム を出せませんでした。

■8月29日 予選では35台が一斉にタイムアタックを行うので場所取りや、前との間隔の開け方などがとて も難しいものだなと思いました。
そして16時30分から行われた自身FIA-F4のデビューレース 第7戦決勝。 緊張の中スタート、クラッチミートは悪くなかったもののそのあとの行き場所が悪く2コーナー でオーバーラン。順位を3つ下げてしまいました。 しかしその周のバックストレート、前走車のスリップについてオーバーテイクし、8位になり、 その後も前をうかがっていたのですが、シケインで自分を抜こうとした車両が止まり切れずそ の前の車両に接触。 何とかアウト側に避けて当たらずにホームストレートへ帰ってきたのですが、スピードが上が らず1コーナーで追い抜かれたときに軽く接触してさらに順位を下げてしまい11位に。 10位までがポイントがつくFIA-F4。前を必死に追いかけて後半はトップより早いペースで10位 に追いつき最終ラップのバックストレートでオーバーテイク。 10位に浮上したのですが、そのあとのシケインで後続が曲がり切れず自分のリアに追突されリ タイアとなってしまいました。初レースで、悪くてもポイント獲得を目標にしていたため、悔 しいレース結果になりました。接触によりマシンは破損してしまい、第8戦決勝のためメカニッ クさん達に夜遅くまで修理作業して頂きました。

■8月30日 感謝の気持ちと今日こそはこの人たちのために結果を出さなければいけないなと思いました。 そして迎えた第8戦決勝。 コンディションは前夜より降り続いた雨によりFIA-F4マシン初めてのウェットコンディション。 昨日のスタートの反省点を踏まえスタート。 2コーナーを立ち上がると4位にポジションアップ。 そのまま前についていこうと思ったのですが中々ペースが上がらず、走行ラインを変たり色々 試しましたが、レース中盤2台に抜かれて6位にポジションダウン。 その後は何とか前に追いつき抜き返そうとプッシュしましたが6位でゴールとなりました。
初ポイント獲得は正直ほっとしていますが、まだまだ課題が残るレースでした。 しかしゴールしたことが必ず次のレースにつながると思います。 今回のレース参加によって、沢山学ぶことができました。カートとは違ったレースの駆け引き やバトルの仕方など、奥が深いことを実感しました。まだまだ未熟です。 もっともっと上手なレースをして接触しないようにこれからも頑張っていきます。
これからも応援をお願いします。

阪口晴南