阪口晴南 FIA F4 第13戦 第14戦 ツインリンクもてぎ大会

FIA F4 第13戦 第14戦 ツインリンクもてぎ大会



#3 SUTEKINA RACING TEAM 阪口晴南 参加台数:36台中

第13戦:予選 3位 決勝 3位
第14戦:予選 8位 決勝 7位

まず始めに今回参戦の機会を与えて与えて頂きました SUTEKINA RACING TEAMの 皆様、応援してくださった皆様に深く感謝いたします。

今回のレースは木曜日からの走行となりました。
少しずつセットアップや自分の走りを見直してとても充実した練習となり、金曜 日の最後の練習ではトップタイムをマークすることが出来ました。

土曜日
しかし天候に恵まれず予選からもてぎ初のウェットコンディションに。
ラインなどもじっくり探りながら行きミスも多発してしまったものの、車のバランスがとてもよく第13戦は自己最高位となる3番手となりました。しかしセカンドタイムがクリアラップではなかったため第14戦は8番手からとなっ てしまいました。振り返れば鈴鹿のレースでもウェットコンディションでしたが全く歯が立ちませ んでした。しかしあれから三か月。

成長した自分を見せることが出来ました。
昼頃行われた第13戦決勝がスタート。
まずまずのスタートでポジションキープのまま1コーナーへ。
しかし焦りから続く5コーナーの出口でスロットルを早く開けてしまいリアタイヤ が空転し、ポジションを下げてしまいました。しかしその後落ち着いてS字で抜き返してまた3位に。 その瞬間にセーフティーカーが出ることになりました。セーフティーカー開けに備えタイヤを温めながら走行し、いよいよセーフティー カーがピットに入りレースが再開。その後は淡々としたレース展開でそのまま3位チェッカー、初表彰台となりました。 率直にうれしい気持ちもありますがまだまだ課題が残るレースでした。

日曜日
コース上は昨日の雨が残り路面はウェットコンディション。
今シーズン最後のレースがスタート。
昨日の反省点を踏まえたクラッチミートだったのですが思いのほかタイヤが温 まっておらずかなりホイールスピンをしてしまいました。1コーナーを曲がると11位まで落ちてしまいました。
その後は何度もブレーキングで勝負をしかけ自力で7位まで追い上げましたがそこ でチェッカー。
今シーズンが終わりました。
今シーズン鈴鹿から振り返って感じた事はどんどん自分が成長しているなと思い ました。
しかしまだまだ未熟でスタートでの駆け引きがまだまだです。

このような素晴らしい経験をさせてくださったSUTEKINA RACING TEAMの皆様、 応援してくださった皆様本当にありがとうございました。
来年も精一杯頑張ります。
これからも応援宜しくお願いします。