阪口晴南 FIA F4 第3戦 第4戦 富士大会

FIA F4 第2戦 第3戦 富士大会


HFDP/SRS/コチラレーシング♯9 阪口晴南
参加台数:39台
第3戦 予選5位 決勝3位
第4戦 予選4位 決勝4位

まず始めに今回、FIA F4に参戦させてくださいました皆様に感謝いたします。前回の岡山大会での悔しさを糧にレースに挑みました。

▪4月28日 (木曜日)
レース前の貴重な走行をさせて頂きありがとうございます。この日は4本の走行があり、ウェットコンディションでした。初めは探りながら、どんどんペースを上げていきました。最終セクターではリアを出さないように丁寧にスロットルを開けるように意識しました。ヘアピンや最終コーナーではできる限り早くスロットルオンするように心がけました。

▪5月1~2日 (日曜日.月曜日) 専有走行
この2日間で30分間の走行が6本ありました。走り出しからドライコンディションでの走行だったため、3月のテストのデータから着実に詰めていきました。しかしこの2日間はうまく走る事ができず平均して13番手タイムでした。

▪5月3日 (火曜日) 予選 
晴天に恵まれた朝早くから始まった30分間の予選。前回のレースの反省点を踏まえて最初から出走することにしました。昨日の車のバランスとは大きく変わり乗りやすくなりました。しかしアタックこそできたものの、うまく他車のスリップストリームに着く事が出来ず、5番手のタイムとなりました。予選終了後にロガーをチェックすると100Rや第3セクターが前日までと比較してとても速度が上がっていました。

■第3戦決勝
予選から少しセッティングを変えて決勝に挑みました。スタートは自信があったので落ち着いてスタートしました。1コーナーに入ると2つ順位を上げ3位に着けTOP2に迫りました。しかしあまりペースが上がらず、序盤に2台に抜かれてしまい、5位を走行していました。しかし諦めずに前を追い続けているとレース中盤にTOP争いが激化。Bコーナーにて目の前で3台が接触。そこを落ち着いてかわし、2位にジャンプアップしました。この順位を抑え切ろうとしたのですが、その2周後に抜かれてしまい、3位に。そのまま抜き返せず、3位でゴールしました。速いドライバーの後ろについて分かったのですが、第3セクターやAコーナーで遅れているように思いました。

■5月4日 (水曜日) 第4戦決勝
夜中に大雨が降り、ウェットコンディションになると思っていたのですが、レース2時間半前に快晴になり、ドライコンディションでのレースとなりました。昨日の反省点であった第3セクターを上げるようなセッティング、走り方を試しました。スタートは昨日より少し悪く1ポジションアップで1コーナーに。1周目は後ろから来るドライバーの動向をよく読んで接触しないように心がけました。2周目に少し順位を落としましたが、落ち着いて抜き返し、レース中盤には3位を走行していました。しかしペースがコンマ3ほど違うドライバーに抜かれてしまい、そのまま4位でゴールしました。悔しいですが、これが現状で岡山大会の時のようなレースペースの良さが足りず、順位を上げていけませんでした。
次戦は7月にSUGOで行われます。今回の反省点を次戦までに改善し、レースまでの時間を有効的に使い、今度こそ2連勝で終われるように努力していきます。
引き続きご指導、応援宜しくお願いいたします。
最後までお読み頂きありがとうございます。